巨ヌーについて語るか。

日記

こんばんは。kazです。

クリスマスに実施したアンケート結果について書こうかしら。

「何カップから巨ヌーなのか?」という私にとっては非常に重要なテーマ。

永遠のテーマと言っても過言ではない。

とは言え、どこから巨ヌーなのかは、主観に左右されるため、なかなか議論が深まらないテーマでもある。

今回は、あくまで私見を述べるに過ぎないが、少しだけ掘り下げて語ろうかと思う。

まず始めに、読者の皆さんによるアンケート結果を紹介する。

「Eカップから巨ヌーである」がもっとも多い結果となった。

無類のおっぱい好きである私には解せない結果である。

君たち。巨ヌーの意味わかっているのかね?

巨乳(きょにゅう)とは、外見上巨大な乳房、またはその乳房を有する女性を指す造語。

Wikipedia

「巨大な乳房」やぞ?あ?

私から言わせれば、爆ヌーや超ヌー、魔ヌーなんて表現は邪道。細かくカテゴライズして誤魔化しているにすぎん。

重要なことは、巨ヌーかそれ以外か。

ただそれだけ。

議論の前提として、巨ヌーの定義は、シンプルに「外見上巨大な乳房」とする。

人体の部位について、巨大かどうかを論ずる際に気をつけないといけないことは、相対評価であること。

たとえば、世界中の男性のチ◯コが20cmだった場合を考えてみよう。

みーんな、寸分違わず20cm。右も左も周りにいる男性のチ◯コは20cm。

そこには、粗チンや巨根といった概念が存在しない。

つまり、他者との比較による差異をもって「巨大かどうか」を評価しなければならないわけよ。

わかるかな?

なので、まずは、世の女性のカップ割合を調べる必要がある。

2019年にトリプル・インターナショナル・ジャパン株式会社が発行している「下着白書」がある。

発表!トリンプ「下着白書 vol.19」2019年版の注目は 女性のバストサイズの “大きな” 変化Dカップ以上割合53.1% 平成30年間で3倍に
トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社のプレスリリース(2019年8月2日 13時41分)発表!トリンプ2019年版の注目は 女性のバストサイズの “大きな” 変化Dカップ以上割合53.1% 平成30年間で3倍に

そこには、ブラジャーの年間売上データに基づいた集計結果が記されている。

下着白書によれば、Dカップ以上が53%と半数以上を占める結果となっており、2人に1人はDカップ以上である。

もはや、Dカップでは巨ヌーと言えない時代なのだ。

では、どこからが巨ヌーなのか?

ここからが、今回の議論の肝である。

この下着白書を紐解けば自ずと結論は出る。世の女性のカップ割合は下記のとおり。

  • Dカップ 26.9%
  • Eカップ 18.8%
  • Fカップ 6.4%
  • Gカップ 1.6%

上記を見ればわかるように、Fカップから急激に割合が低くなる。

仮に、Eカップから巨ヌーとした場合、どうなるだろうか。

世の女性の4人に1人が巨ヌーになってしまう。学校の1クラスに5人いることになる。

はたしてそれは巨ヌーと呼べるのか?

男性諸君、それでいいのか?

ここで思い出してくれ。

巨ヌーとは「巨大な乳房である」こと。そして、巨大かどうかは「相対的評価」であること。

この2点を踏まえると、

Eカップは巨ヌーではない(キッパリ

では、Fカップではどうか?6.4%と希少性が高い。

はぐれメタルばりの出現率。

私も40年近く生きてきて、ほとんど遭遇したことがない。大抵の場合、Eカップ止まり。

そして、Gカップとなると、1.6%となり極端に割合が低くなる。

この辺りが一般的な巨ヌーの境目であると言えよう。

巨ヌーはFカップからなのか。Gカップからなのか。

非常に難しい問題である。

私の結論は。

…。

…。

…。

Fカップからが巨ヌー。

これは実体験によるところが大きい。結局のところ、最後は主観で決めざるを得ない。

もっと踏み込んで言えば、カップ数だけでは決められないのよ。身長、体重、肩幅(骨格)など色々な要素で巨ヌーかどうかの評価が変わってくるのよ。

Dカップでも「でけぇ!」と思うこともある。

長々とくだらないこと書いてすまんの。

以上や。解散。

タイトルとURLをコピーしました