変化に対応できないと生き残れない。

日記

こんばんは。kazです。

先ほど仕事が終わり、車の中で記事を書いております。たまには仕事の話でもしようかしら。

最近ね、業務の高度化がヤバいんすよ…

コロナ禍で当時の菅総理が力を入れたDX推進の影響を受け、我が社でも様々なシステムが導入されました。

社内ネットワークの無線化を始め、グループウェアと連動したビジネスチャット。

社内ネットワークでのみ利用ができるオンライン会議システム。

会議録作成システム。

などなど。

矢継ぎ早に新たなシステムが導入され、業務効率化とペーパレス化が急速に進んでおります。

また、RPAによる作業自動化の検証も行われており、近い将来、機械的作業はRPAが担うことになりそう。

今後は、機械やシステムでは代替できない、より高度な業務をこなせる人材が重宝されるようになるわけです。

このような状況なので、働き方をシステムに寄せていかないのいけないのですが…

言うは易く行うは難し

ぶっちゃけ、おじさんはこの時代の潮流についていけません。ワケワカメ(涙

システムを使いこなすのが、マジでキツいんよ…

しかし、いつの時代も柔軟に対応できる者だけが生き残るのです。

そう。ネアンデルタール人が絶滅し、ホモサピエンスが生き残ったように。

サラリーマンとして生き残るには、この環境の変化に対応するしかないんです(号泣

PCが普及し始めた頃のおじさん達の気持ちが今なら分かる。

さてと、吉野家行くかな。おつかれした。

タイトルとURLをコピーしました