【後編】Gカップデ◯嬢と付き合った話。

スポンサーリンク

こんにちは。

kazです。

【前編】Gカップデ◯嬢と付き合った話。
こんにちは。kazです。本日は、思い出話を書こうかと。以前、闇金の体験談を書いたら結構反響がありました。よくよく考えたらワイは欲望のままに生きてきましたのでブログのネタになるような経験...

不安を抱えつつスタートした交際。

案の定、上手くはいかないです。

毎日嵐のように来るメール。

ワイの部屋に泊まる度に置き手紙。

そして束縛。

これがメンヘラというやつか。

その当時の仕事が8時30分~23時が当たり前の週1休みだったので、

G子のわがままに対応するのがしんどいかった。

最初の内は、

「Gカップのナイスバ◯ィとセ◯ロスができるぜ!ウヒョー(゚∀゚)」

と浮かれていましたが、G子の度重なる束縛に対して次第に嫌気がさすようになりました。

そんな日が1ヶ月以上続いたある日、ワイのストレスがついに爆発。

「もう無理。別れよう。」とメールを送信。

すると、G子から

「最低。無駄な時間だった。私の時間返して!pkgjmatw

おぉ(´・ω・`; )

少しキツめの言葉を浴びせられましたが、案外あっさり別れることができました。

もう少しグダクダすることを想定していたのですが。

付き合うのも別れるのも、あっさり。

別れた後は、キ◯バ嬢とムフフなことをしたりして特にG子のことを思い出すことなく過ごす日々。

それから数年経ち、ワイは仕事を辞めて実家に戻り転職活動に励んでおりました。

そんな中、G子から連絡が来てお互いの近況についてのやり取りが再開。

G子は、モデルなど芸能関係の仕事をしているとのこと。

気になったのでネットで検索すると、

プロダクションに所属している様で、ローカル番組への出演などそれなりに活動している様子。

はぇー。TVとかに出てすごいな。と感心しつつ検索結果を見ていくと、

(  Д ) ゚ ゚

水着を着たG子がソフマップ的なもので取り上げられていました…

なぜか、カップ数がHにグレードアップしてw

さすがのワイもこれには驚きましたよ…

デ◯ヘルの次はグラビアかよ!と思いつつLINEで

ワイ「なんやこれ?グラビアしとるかいっ!」

G子「そうだよー!見つかったか笑」

小遣いほしさにデ◯ヘルやったり、相変わらず頭のネジがぶっ飛んでいるG子。

しかし、久しぶりに写真を見るとね、会いたくなる(やりたくなる)もので、

転職が決まって、すぐに飛行機で会いにいきましたよ。えぇ。
(前職でお世話になった方達への挨拶も兼ねて)

久しぶりに再会し、居酒屋で飲みながら、

ワイ「付き合ってる時の束縛ヤバかったし、別れ際のメール結構キツかったんですが…」

G子「ごめんね。私あの時焦ってたの。今は成長して束縛とかしないよ!」

ワイ「そうなんや。」

ワイ「そうそう、Hカ◯プって書いてあったけどでかくなったん?」

G子「kaz君と遊んでる時Gカ◯プだったけ?あの頃より大きいよ笑」

ワイ「はぇー。見せてくれ!」

なんて会話をし、そのままホテ◯へ。

「G子、いやH子とのセ◯ロス最高やな。」とルンルンでシャワーに。

シャワーから出るとワイの携帯電話を見ているG子。

怖っ。

まじかよ…何も変わってないじゃねーか。

でも、

Hカ◯プ>恐怖

なので、そこは考えないようにすることに。

それから数日間、やりまくりまくりすてぃーで、満足したワイは飛行機で地元に帰りました。

その後は、ちょくちょく取っていた連絡も自然となくなり、

今は彼氏と仲良くやっているようです。

G子父が言っていた「G子は色々大変だと思うけど、よろしくね。」が分かったような気がします。

お父さん、ワイは借金地獄に落ちていますよ…

G子と一緒にいて分かったことが1つあります。

それは、

スタイルだけで付き合っても上手くいかないということ。

でもね、おっ◯いには夢がつまっております。

男性諸君!共に夢を追いかけましょう!

おしまい。

女性関係の体験談は結構あるんで、気が向いたらまた書きます。

ほな。

タイトルとURLをコピーしました